文豪が愛した味 熱海のハンバーガー 喫茶店 ボンネット

      2017/07/11

熱海ボンネット熱海は昭和レトロが色濃く残る町です。あちこちに高度成長期さぞかし賑わっていたでしょう、と思わせてくれる建物や路地があります。廃墟となってしまっている建物もありますが、昭和を生き抜き、平成の今も、そしてこの先も元気に生き残っていくのでしょう、と思わせてくれるお店が沢山あります。その中の一つ、熱海老舗の喫茶店のご紹介です。

スポンサーリンク

昭和27年創業 喫茶店ボンネット

熱海ボンネット終戦の年が昭和20年、それから7年後にこんなにおしゃれなお店を熱海にオープンさせたのですね。今はレトロというカテゴリなのでしょうけれど、当時は本当にお洒落な、そして最先端の喫茶店だったのだろうと思います。
場所は熱海銀座からロマンス座通りを少し入ったところにあります。通りの名前にもなっている映画館ロマンス座はすでに閉館。ネットで見ると通りに大きな看板がある写真が多く出てきますが、私が行った時はすでにその看板もありませんでした。熱海ボンネット

オーダーはもちろん文豪三島由紀夫が愛したハンバーガー

熱海ボンネット文豪三島由紀夫の愛したハンバーガーとコーヒーとのセット、800円をいただきました。
野菜はお好みで入れてくださいとの事。オニオン抜きで、みたいなオーダーが多かったのかもしれませんね。私はもちろんオニオン、レタス、そしてなぜだかバンズの上に刺さっているピクルスも一緒に挟んでいただきました。
とってもジューシー!そして美味!

ハンバーガーが出てくるまでは少し時間がかかります

店内に流れるゆったりとした時間のようにお料理は出てくるまで少しお時間がかかります。と言ってもファストフードや大手カフェチェーンなどのスピード感に慣れてしまっているからそう感じるのかもしれません。
ゆっくりとオーダーし、ハンバーガーが出来上がるまでゆっくり待つ。このゆったりとした時間が心地よいのです。その時間を楽しめるのもこのレトロな空間の魅力のひとつですね。

Bonnet ボンネットという店名

その名前から車のボンネットだと思い、アメリカンダイナー的な雰囲気を想像してしまったのですが、帽子の方のボンネットでした。
よく見るとコーヒーのソーサーにボンネットを被っている女性が施されていますね。熱海ボンネット

家の近くにこのお店があったら間違いなく通い詰めていると思います。
時がゆっくりゆっくり流れているような感覚を味わえる喫茶店です。

昭和レトロな喫茶店 熱海 ボンネット アクセス

JR熱海駅及び来宮駅から徒歩約15分です。

静岡県熱海市銀座町8−14

 - 伊豆グルメ, 伊豆のハンバーガー, 東伊豆エリア , , , , ,