伊豆で出会える蜃気楼。伊豆のだるま太陽

      2017/03/10

突然ですがだるま太陽って見たことありますか?

だるま太陽(だるまたいよう)は太陽の蜃気楼現象の一種で、水平線に朝日や夕日が「だるま」のように歪んで見える現象。
達磨太陽、オメガサン、だるま朝日、だるま夕日、達磨朝日、達磨夕日、とも言われる。
出典:ウィキペディア

見た目が達磨の様だからだるま太陽
見た目がΩ(オメガ)の様だからオメガ太陽
その通りですね(笑)

スポンサーリンク

海の撮影をしていると蜃気楼は以外とよく見ることができます。
船が浮いて見えたり水平線の上にビルのような四角いものが並んで見えたり。

でも蜃気楼の一種と言われるだるま太陽、本当に綺麗な形に出会えたのはわずか、というか2回です。

だるま太陽出現の条件は

  1. 寒いとにかく寒い
  2. 晴れとにかくずーーっと向こうまで晴れ
  3. 風強め

のようですが私が出会えた時はそんなに強風というイメージではなかったし雲ひとつないわけではなかったような記憶があります。

なのでこの条件が揃っているから必ず現れるというわけでもないのでしょうね。
だから「出会えたら幸運」と言われるのかもしれませんね。

伊豆のだるま太陽

これは伊豆市土肥の土肥海水浴場のだるま太陽です。
だるま太陽

撮っていた時には実はこの現象がだるま太陽という名前ということも知らず、とても珍しい現象ということももちろん知らないまま撮ってました。

だるま太陽に出会えたのは2回と書きましたが、その2回ともが伊豆市の土肥海水浴場です。
土肥海水浴場で夕日を撮ることが多かったと言えば多かったのですが、それでも珍しいとされる現象を2回も同じ場所で見れたというのはやっぱりだるま出現の条件がその年は揃いやすかったのかもしれませんね。

伊豆では各地で夕日のフォトコンテストが行われています。
だるまを探しながらの夕日探索なんていかがですか?
くれぐれもあたたかい服装でお出かけくださいね。

 - 伊豆の写真, 伊豆の見どころ, 西伊豆エリア