伊豆半島御朱印巡り 伊豆の御朱印のご紹介

      2017/08/01

伊豆には様々な由緒ある神社仏閣がたくさんあります。
最近は御朱印めぐりなどが流行っているようですが、数ある伊豆神社仏閣の仲から伊豆ケロが頂いた御朱印の一部をご紹介します。

昔話の河童のかめ 河津のかっぱ寺【栖足寺御朱印】

栖足寺御朱印その昔、助けた河童がお礼に置いて言ったと言われる「河童のかめ」が大切に保管されている凰儀山栖足寺。御朱印も味のある河童です。やはり見開きでいただくのがダイナミックでいいですね。
河津町 凰儀山 栖足寺の詳しい記事はこちらから

スポンサーリンク

趣のある猫蔵 丹那盆地 【長光寺御朱印】

長光寺御朱印桃源郷のような丹那盆地の古刹、渓月山 長光寺の御朱印はとても味のあるアートな御朱印です。猫のお地蔵様、猫蔵の表情がとてもいいですね。副住職も猫のようです。
丹那盆地 長光寺の詳しい記事はこちらから

伊豆最古の神社 伊豆下田市【白浜神社御朱印】

白浜神社
伊豆最古の神社、縁結びの神様としても知られる静岡県下田市の白浜神社。海岸の鳥居が有名ですね。実は「白浜神社」と言うのは通名で、伊古奈比咩命神社(いこなひめみことじんじゃ)が正式な社号です。
白浜神社の詳しい記事はこちらから

伊豆屈指のパワースポット 熱海市【伊豆山神社御朱印】

伊豆山神社御朱印
伊豆屈指と見出しに書きましたが、もしかすると全国屈指かもしれません。と思うほどの最強パワースポット、静岡県熱海市の伊豆山神社。御朱印もそのパワーに負けないくらいの力強さです。
伊豆山神社は源頼朝と北条政子の壮大なラブストーリーの舞台となった場所。恋の成就を願う女性で賑わっています。
伊豆山神社の詳しい記事はこちらから

大人気!熱海のパワースポット【来宮神社御朱印】

来宮神社御朱印
熱海市には最強パワースポットと言われる神社が2つもあるのですね。伊豆山神社ともうひとつがこちらの来宮神社。とにかく大人気の来宮神社、樹齢2000年以上、全国2位の巨樹の大楠が有名ですね。目の当たりにすると壮大さに圧倒されます。
来宮神社の詳しい記事はこちらから

金運!白蛇がいるお寺 東伊豆稲取【清光院御朱印】

清光院御朱印
白蛇の大吉君がいるお寺、伊豆稲取の清光院。金運アップのパワースポットです。蛇石の文字がとてもいいですね!ご住職は気さくな方です。
伊豆稲取青光院の詳しい記事はこちらから

悲劇のプリンセス入水の地 伊豆韮山【真珠院御朱印】

真珠院御朱印
真珠院というお寺の名前も美しいですが、なんといってもご住職の文字の美しさが際立つ御朱印ですね。真珠院は源頼朝との恋に破れ、失意の八重姫が入水した場所として知られています。
伊豆韮山 真珠院の詳しい記事はこちらから

大人気観光スポット修善寺温泉【修禅寺御朱印】

修禅寺御朱印
修善寺という町の名前の由来にもなった修禅寺。伊豆柱谷88カ所の88番札所です。伊豆お遍路の最後の札所ですね。授与所の横に御朱印受け付けがありますのでとてもわかりやすいですね。
修善寺温泉 修禅寺の詳しい記事はこちらから

弘法大師修行の場 修禅寺【奥の院】

奥の院御朱印18歳の弘法大師(空海)が修行をしたと言われる修禅寺奥の院。修行の邪魔になった魔物達を窟に閉じ込めたと言われるその場所はまさに癒しの空間です。御朱印も清々しいですね。
伊豆市修禅寺奥の院の詳しい記事はこちらから

赤ちゃんを願う人達のための子宝パワースポット【日枝神社】

日枝神社御朱印
修善寺温泉 修禅寺の鬼門にあたる日枝神社は伊豆の子宝パワースポットです。日枝神社境内にある子宝の杉は2本の杉の根元が繋がったとても珍しい樹齢800年の大木です。赤ちゃんを願う方達におすすめの強力パワースポットです。
日枝神社の詳しい記事はこちら

ペットに優しい神社 東伊豆伊東市【神祇大社御朱印】

神祇大社
犬型の絵馬がとても可愛いペットOKの伊東市の神社神祇大社はお守りや御朱印を頂くとその場でお祓いをしてくれます。海が見渡せるとても素敵な神社です。
伊豆伊東市 神祇大社の詳しい記事はこちらから

精霊の棲む森 西伊豆松崎町【伊那下神社御朱印】

伊那下神社御朱印まず目立つのは大きな銀杏の木。そして宮司さん作のチェーンソーで彫られた精霊たち。何度かお伺いしてやっと宮司さんにお会いすることができて頂くことができた御朱印です。
松崎町 伊那下神社の詳しい記事はこちらから

日米下田条約締結の地 下田市【了仙寺御朱印】

了仙寺御朱印幕末に黒船でやってきたペリーと日本との間で日米下田条約が締結された場所が下田市の了仙寺です。御朱印をお願いすると本堂の中の小机の前に案内していただき、そこで書いていただきました。本堂の中で1対1で対面して書いていただいた御朱印、とてもありがたいですね。
了仙寺の詳しい記事はこちらから

伊豆半島御朱印まとめと御朱印を頂く時のマナーについて

いかがでしたでしょうか。伊豆ケロが今まで頂いた御朱印の一部をご紹介させていただきました。

御朱印初心者さんたちへ 御朱印を頂く時のマナーについて

一番大事なことは人としてのマナーだと思います。最近は御朱印流行りで、スタンプラリーのように御朱印帳を端から埋めることが目的になっているような人もいるとか。
携帯電話をいじりながら御朱印をお願いするなどもってのほかです。大きな声でおしゃべりしながら、なども大変失礼な行為です。
またなんらかの事情で御朱印を頂けない場合もあります。そんなことはほぼないとは思いますが、嫌な思いをしてしまうことももしかしたらあるかもしれません。そんな時も腹を立てずに、ましてやネットに悪口などを書き込んだりしないようにしましょう(笑)ご縁がなかっただけです。

御朱印のいただき方

  1. 始めに参拝をします。御朱印は参拝の証です。
  2. 大きな神社やお寺には御朱印所があります。御朱印所がある場合はそちらへ。御朱印所がない小さなお寺や神社では社務所やお寺の住居でお願いをしましょう。快く対応してくださるところがほとんどです。
  3. 御朱印帳の御朱印を頂きたいページを開いてお渡ししましょう。
  4. 小銭を用意して行きましょう。御朱印料は300円〜500円が相場と言われています。御朱印所などに金額が書いてある場合もありますが、ない場合はおいくらですか?と聞いてしまうのもいいかもしれませんね。
  5. 頂いた後は心を込めてお礼をしましょう。

最後に、当たり前の話ですが御朱印帳を用意して行きましょう。普段使っている手帳に書いて、などと言うことはご法度です。
ある程度の規模の神社やお寺だと給与所で販売しているところも多いと思いますが、アマゾンなどネットでも購入できますし、
LOFTや東急ハンズなどでも販売しています。

マナーを守りそして節度を持って御朱印を頂きましょう。
以上、伊豆ケロが頂いた御朱印の一部のご紹介でした。

 - 中伊豆エリア, 伊豆のパワースポット, 北伊豆エリア, 南伊豆エリア, 御朱印, 東伊豆エリア, 西伊豆エリア , , , , , , , , , , , ,