恋愛パワー充填!伊豆高原パワースポット 大室山浅間神社

      2017/03/10

大室山静岡県伊東市、まるでお椀を伏せたようなきれいな形の標高580メートルの大室山は姿が美しいだけではなく、縁結びと安産のパワースポットなのです。

スポンサーリンク

伊豆のお椀?約4000年前の噴火によってできた大室山

大室山は約4000年前の噴火によってできた伊豆東部火山群の中で最大級のスコリア丘だそうです。
スコリアとは粘り気の弱い溶岩のしぶきのこと。
このスコリアや火山弾が降り積もり丸く可愛いお椀型の丘ができました。
大室山は国の天然記念物そして富士箱根伊豆国立公園に指定されています。

本日目指すのはこの大室山の中腹にある縁結びと安産のパワースポットとされる大室山浅間神社。目指すと言ってもリフトで行くので楽々なのです。

リフトも癒し空間。6分間の癒しを経て山頂へ

駐車場に車を止めると大きな鳥居がお出迎え。ここからすでに浅間神社の参道なのですね。
大室山
往復500円のリフトのチケットを買い、いざ山頂へ!
大室山山頂までは6分。この日はお天気も良かったので、山腹のススキもキラキラ輝いてとても綺麗でした。
そしてなんと言っても音の静けさ。例えば車の音などの日常の雑音が聞こえてこないのです。
聞こえるのはゆっくり動くリフトの音と周りのススキや草が風に揺れるサワサワという音。周りの風景に目も癒されますが耳も癒されます。

山頂は360度のパノラマ!富士山から房総半島まで

大室山この日、お天気は良かったのですが富士山はすっかり雲に隠れて見ることはできませんでした。でもリフトを降りた山頂からのパノラマは絶景です。お天気が良ければ富士山、南アルプス、伊豆七島、そしてなんと房総半島まで見渡すことができるそうです。大室山

大室山浅間神社はお鉢(火口)の中腹にあります

さて、目指すは大室山浅間神社。大室山お鉢の縁を歩き始めるとすぐに看板があります。お鉢の底(火口)ではアーチェリーができるのですね。そして下って行くと…
大室山赤茶色のちいさな祠が見えます。ここが大室山浅間神社。全国にあるほとんどの浅間神社の祭神は木花開耶姫命(コノハナサクヤヒメミコト)ですが、大室山浅間神社の祭神は磐長姫命(イワナガヒメノミコト)、木花開耶姫のお姉さんです。

悲しい運命の磐長姫命(イワナガヒメノミコト)

大室山
磐長姫命は木花開耶姫命のお姉さん。美しい木花開耶姫とは正反対の容姿であったと言われています。2人はとても仲の良い姉妹でした。

美しい美しい木花開耶姫に一目惚れをした瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)。
姉妹の父、大山祇神(オオヤマツミノミコト)は仲の良い姉妹2人一緒ならと2人揃って瓊瓊杵尊の元へ嫁ぎましたが、一目惚れしたのは木花開耶姫。当然磐長姫は邪険にされ、父の大山祇神の元へ返されてしまいますが、すでにこの時磐長姫は瓊瓊杵尊の子を懐妊していました。
磐長姫は大室山を覆う萱(カヤ)で作った産屋を大室山山頂に作らせ、その産屋に火をつけ炎の中で無事出産されました。

このため、磐長姫(大室山)のご機嫌の良い時にしか大室山から富士山(木花開耶姫)は見ることができない、などの言い伝えがあります。この日はとてもいいお天気だったけど富士山は見えない状態でしたので、磐長姫のご機嫌はあまり良くなかったようですね。

大室山浅間神社のご利益は磐長姫の磐(岩)のような永続性ということで、不老長寿、安産、縁結びです。
岩のように強く生き、強く結ばれ、強く産む、ということかもしれませんね。

春夏秋冬 四季によって表情が違う大室山

春は新緑、夏は深い緑、秋はススキ、冬は枯れた茶、そして山焼きの黒
様々な表情を大室山は見せてくれます。
一番表情が変化するのはやはり山焼き。毎年2月の第2日曜日に山全体の萱(かや)に火がつけられ、大室山は炎に包まれます。まるで磐長姫の出産時のように。
大室山の麓のさくらの里が山焼きのビューポイントです。

この日、麓のさくらの里では十月桜が咲いていました。大室山妹の富士山のように雄大ではありませんが、その姿の可愛さにホッとする姉の大室山。
また火口跡ではアーチェリー、麓の桜の里では十月から桜が咲き始め、約4000年前の噴火の時にできた穴の原溶岩洞穴(大蛇穴)など見所遊びどころいっぱいです。
*穴の原溶岩洞穴には入ることはできませんが、上から覗く洞窟は大地が口を開けているようで迫力がありますよ!

伊東市大室山アクセス

静岡県伊東市富戸

リフト営業時間 9:00〜
営業終了時間は季節により異なります。
http://omuroyama.com/

 - 伊豆で遊ぶ, 伊豆のイベント, 伊豆のパワースポット, 伊豆の見どころ, 東伊豆エリア , , , , , ,