1万3000本の石楠花(しゃくなげ)が咲き誇る 天城グリーンガーデン

      2017/03/10

シャクナゲは旧天城湯ケ島町の町花でした

2004年、田方郡の修善寺町、土肥町、天城湯ヶ島町、中伊豆町が合併し、伊豆市が誕生しました。
合併前の天城湯ヶ島町、当時日本一長い町名?だったとか?

スポンサーリンク

その天城湯ヶ島町の町の花だったのがシャクナゲです。
シャクナゲ
道の駅天城越えの向かいにある天城グリーンガーデンにはシャクナゲ、ムラサキツツジ、エビネ、ミズバショウなど天城を代表する花々が咲きます。
遊歩道も比較的穏やかで、あまり足に自信のない方でものんびり散策していただくことができると思います。

シャクナゲのシーズンは4月中旬から5月下旬。

天城グリーンガーデンに植えられているシャクナゲは500種1万3000本だそうです。
どうりで圧巻のはずですね。

4月中旬から5月下旬といえば梅雨前の爽やかな気候で行楽に一番気持ちいいシーズンですよね。
天城の新鮮で澄んだ空気と新緑と圧巻のシャクナゲ、絶対お勧めです!
和石楠花の可憐な美しさをぜひ見に来てください。
伊豆の天城山がお出迎えします。

天城グリーンガーデン
静岡県伊豆市湯ケ島892−6

 - 中伊豆エリア, 伊豆の見どころ , , , ,